Return to site

イベント産業における新たな

テクノロジー

· ブログ,イベント事業,デジタルイベント

何リットルものコーヒーに頼りながらなんとか乗り越えた数週間にわたる激務の末、遂にこの日がやってきました!
企業イベントの計画は完璧。会議、ワークショップ、そして週末の集まりまで、全てが計画済みです。今年、あなたは革新的な方法で参加者たちを驚かせようと決意しました。秘密兵器は何かって?そう、それはテクノロジーです!
 

情報を簡単に配信

どんな企業においても情報共有が肝心であるということには、若手から経験豊富なマネージャーまで、すべての人がこぞって同意することでしょう。
イベント戦略を成功に導きたければ、この重要な事実を決して忘れてはいけません。
 

では、ここでテクノロジーは、どのように役立つのでしょうか。
例えば、参加者がワークショップに先立って事前にオンラインで登録してもらうことで、主催者は簡単にイベントの予定表やコンテンツを配信でき、そして参加者はそれらを、iCloudを通じて手に入れることができます。
これらは、デジタルテクノロジーがあなたにもたらすことの一例でしかありません。ご存知の通り、情報を素早く共有することが、イベント成功の鍵なのです!
これで、企業イベントをより簡単に運営することができるようになりますね。
 

コミュニケーションを円滑にする

大学の講義がいかに学生を眠りに誘うかは、世界中どこの国でもよく知られていることですが、あなたが今後主催する会議においては、ぜひとも参加者の注意をそらさずに維持したいものです。そんなとき、あなたがスローガンとして掲げるべき言葉は、『相互性』です!

では、ここでテクノロジーはどのように役立つのでしょうか。
デジタルテクノロジーによって、登壇者は参加者と交流することができます。
例えば、インタラクティブクイズは、参加者をやる気にさせるのに本当に有効な方法です。その結果にきっとあなたは驚くことでしょう。
 

参加者の才能を活かす

あなたの企業には、様々な才能を持った方がたくさんいらっしゃることと思います。
その中の一人は、もしかしたら将来的にノーベル経済学賞を受賞してしまうかもしれません!これらの素晴らしい才能に、日の目を見て輝くチャンスを与えてあげるのです。
コラボレーション(共同作業)は、企業イベントにおけるキーポイントの一つです。

では、ここでテクノロジーはどのように役立つのでしょうか
デジタルテクノロジー以上に、ブレインストーミングを活発にさせる方法はないでしょう。例えば、マジェンシーボックス®︎が持つ、複数のコラボレーションアクティビティを行うと、スムーズなディスカッションの流れを断つことなく、各参加者が自由にアイデアを発信することができるようになります。これ以上に良い方法があるでしょうか?

イベントをより楽しめるものにする

イベントの参加者は、子供のようなものです。完璧に締められたネクタイや地味なビジネススーツの陰には、抑えきれないほどの遊びの欲求が隠れています!
この欲求を仕事に向けられるかどうかは、あなた次第…

では、ここでテクノロジーはどのように役立つのでしょう
あなたの企業のイベント戦略をより良いものとするために、ゲーミフィケーション(イベントにゲーム的要素を取り入れること)に挑戦してみましょう!デジタルテクノロジーやマルチメディア、バーチャルリアリティによって、あなたのコラボレーションはより楽しいものとなるでしょう。そしてその結果、いかに効率がアップしたかを実感することができるでしょう。
 

投資対効果を測りやすくする

イベント管理の手法を導入することで、イベントの効果を評価しやすくなります。イベントが成功したかを評価する時、投資対効果は必ず評価軸の一つに含まれるでしょう。

ここでテクノロジーはどのように役立つのでしょう
デジタルテクノロジーを使って、情報を収集・分析するプロセスを最適化することで、ワークショップのもたらすインパクトを高い精度で評価することができます。

テクノロジーの強力な影響に気が付いたあなたは、きっと笑顔になるはずです!
 

参加意欲やコラボレーションを促すイベント開催に関するご相談は、こちらまでお問い合わせください

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly